かな漢字変換 コツ BY 横浜市鶴見区のパソコン教室 キュリオステーション

まず かな を入力して 変換して 漢字などの言葉にする かな漢字変換のコツをいくつか紹介します。

  1. スペース VS 変換キー どちらも、かな入力後の変換の意味があります。当パソコン教室では、変換キーをオススメしています。理由は、スペースキーはあくまで本来はスペース(空白文字)を入力するものです。状況によって、スペースの入力、変換と意味がかわるこは必ずしも直観的ではないと思います。また、変換キーは再変換の意味も持つことがありますが、スペースにはそれがありません。
  2. ファンクションキーによるカタカナへの変換。ファンクションキー(Fn)は、パソコンの機種によって微妙に位置が異なります。タッチタイピングに支障があります。カナカナへの変換は、無変換キー もしくは辞書にはいっているカタカタ単語なら 変換キー が 便利です。
  3. 確定 変換後にエンターキーで確定をします。これは省略できる場面が多々あります。変換結果がOKなら、エンターを押さずに次の言葉を入力しはじめれば、先の言葉は自然に確定します。

横浜市鶴見区のパソコン教室キュリオステーション

日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者
鎌田裕二
責任指導横浜市鶴見区のパソコン教室⇒

お問い合わせ TEL:045-567-8393