さっきはあったフォルダーがなくなった?? 授業現場より

ワード・エクセル ワンポイント レッスン パソコン教室から
横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーションの授業の現場で実際に気が付いた事を不定期に紹介しています。

教科書(FOM出版のテキスト使用)に沿った授業では、あらかじめ教科書が用意したものから練習課題を始めることがあります。

課題のファイルはテキストの名前のフォルダ(Word2007基礎など)にしまってあります。
ファイルを開くために、まずはワード・エクセルで「開く」を。いくつかフォルダーが表示されます。次にお目当てのフォルダーを開きます。(その中に入っている課題を開くため)お目当てのフォルダーをクリックします。次に右下の「開く」ボタンをクリックします。

お目当てのフォルダーが、さっきはあったのに、今回はなくなってしまった、という状況がよくあります。

たいていの場合は、上記のフォルダーを開く操作の際に、フォルダークリックを完了しないまま(左指がマウスボタンから離れていない状態)、右下の「開く」ボタンに向かってポインターを動かしはじめている最中に指が離れて(指を押したままマウスを動かすとそれはドラッグという操作になります)

ワード ファイルを開く

 

 

教科書テキストではその通り操作できればいいのですが、初心者の方は必ずしもその通りに操作できるとは限りませんね。

ビデオ学習を売りにしているパソコン教室もあるようですが、肝心なことは生徒さんがどのような状況でお困りになっているのかを判断することができる経験と観察力ですね。

(あなたの街のパソコン教室 キュリオステーション
横浜鶴見つくの店 店長 鎌田裕二)

日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者
鎌田裕二
責任指導横浜市鶴見区のパソコン教室⇒

お問い合わせ TEL:045-567-8393