Excel、Wordでグラフを利用する@パソコン教室キュリオステーション

横浜市鶴見区のパソコン教室キュリオステーションからの投稿です。

Excel、Wordで作れるグラフはたくさんありますが、よく使うのは棒グラフ(縦、横)、折れ線グラフ、円グラフですね。

グラフによって特徴があります。

棒グラフ:棒の高さで、量の大小を比較します。
集合縦棒は縦棒を使用して項目の値を比較します。
積み上げ棒グラフ縦棒を使用して、項目ゴチにあたいの相対関係を表示します。
100%積み上げ棒グラフは縦棒を使用して、項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。
棒グラフは四角以外に円柱もあります。

折れ線グラフ:量が増えているか減っているか、変化の方向を見ることができます。
折れ線は一定の時間(日、年など)や一定の順序で並んだ項目にわたるデータの傾向を表示します。
積み上げ折れ線は一定の時間や一定の順序で並んだ項目にわたる値の相対関係の傾向を表示します。
100%積み上げ折れ線は一定の時間や一定の順序で並んだ項目にわたる値全体に対する割合の傾向を表示します。

円グラフ:全体の中での構成比をみる。
円は全体に対するあたいの関係や比較を表示します。要素を切り離すと分割円グラフになり、個々の値を強調することができます。
補助円付き円グラフはメインの円グラフから値を抜き出して、補助円グラフに入れます。補助円グラフを積み上げ棒グラフにすると、補助縦棒付き円グラフになります。

 

グラフ2