横浜鶴見のパソコン教室 スタッフ情報共有ブログ

横浜・鶴見のパソコン教室のオーナー、スタッフインストラクター間での情報共有のためのブログです。一般公開しているため、機密情報の書き込みは禁止です。
横浜鶴見の
パソコン教室案内へ>>

無料相談会 毎日実施中
スマホ・タブレット・ホームページ作成

℡045-567-8393

パソコン教室スタッフ・ブログ

テーマ カスタマイズ

PHPにショートコードを埋め込んで実行させる。

<?php echo do_shortcode(‘[masterslider id=”1″]’)?>

(※[masterslider id=”1″]の部分は任意のショートコード)

 

Biz Calendarのスタイル変更(BizVektorの場合)

#eo_fullcalendar_1 table {
margin: 0;
border-collapse: collapse;
}
#eo_fullcalendar_1 .fc-widget-content table td {
border: 1px solid #e5e5e5;
padding: 3px!important;
}

 

2018年4月21日

Brackets拡張機能@横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーション

テキストエディタBracketsでタブ、スペースを表示する拡張機能を追加する方法です。

右の拡張機能のボタンを押して、検索ボックスに「全角空白・スペース・タブ表示」と入力。

インストールすれば使えます。

詳しく紹介しているサイト

 

ワードプレス ホームページ作成 ショートコード例@横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーション



日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者鎌田裕二責任指導
パソコン教室案内はこちらをタップ

お問い合わせ TEL:045-567-8393

[eo_fullcalendar titleformatmonth=’Y M’]

エクセルVBA Outlookに添付ファイル@横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーション



日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者鎌田裕二責任指導
パソコン教室案内はこちらをタップ

お問い合わせ TEL:045-567-8393

Dim attachment_file As String
attachment_file = “C:\Users\curio\Desktop\section#custom-section_h1_section-title.txt”
mITEM.Attachments.Add attachment_file

ワードプレス画像の中央ぞろえ@横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーション



日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者鎌田裕二責任指導
パソコン教室案内はこちらをタップ

お問い合わせ TEL:045-567-8393

画像が中央ぞろえされない場合がある。

<div style=”text-align:center;”> 画像 </div>

エクセル2013オートフィル直後 オートフィルオプションが表示される「クイック分析」が表示される@横浜鶴見のパソコン教室キュリオステーション



日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者鎌田裕二責任指導
パソコン教室案内はこちらをタップ

お問い合わせ TEL:045-567-8393

オプション

詳細

コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する

エクセル VBA Outlookを起動して 内容を貼り付ける@横浜鶴見のパソコン教室



日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者鎌田裕二責任指導
パソコン教室案内はこちらをタップ

お問い合わせ TEL:045-567-8393

Sub send_mail()
Dim i, j As Integer
Dim oApp
Dim myNameSpace
Dim myFolder
‘Outlookの起動

On Error Resume Next
Set oApp = GetObject(, “Outlook.Application”)
If oApp Is Nothing Then
Set oApp = CreateObject(“Outlook.Application”)
Set myNameSpace = oApp.GetNamespace(“MAPI”)
Set myFolder = myNameSpace.GetDefaultFolder(6)
myFolder.Display
End If
On Error GoTo 0

oApp.ActiveWindow.WindowState = 2

‘以下はメールの新規作成
Dim mITEM ‘As Outlook.MailItem’
Set mITEM = oApp.CreateItem(0)
mITEM.BodyFormat = 2
mITEM.Display

mITEM.Subject = Worksheets(“Sheet1”).Cells(1, “a”).Value
mITEM.To = Worksheets(“Sheet1”).Cells(4, “i”).Value
mITEM.CC = Worksheets(“Sheet1”).Cells(4, “j”).Value

‘メールのコピー
Range(“A3”).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With

‘メールのコピー
Range(“A4”).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With

‘メールのコピー
Range(“A5”).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With

‘メールのコピー
Range(“A6”).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With

‘メールのコピー
Worksheets(“Sheet1”).Range(“A7”).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With
‘Dim waitTime As Variant
‘waitTime = Now + TimeValue(“0:00:2”)
‘Application.Wait waitTime

‘個数を数える
i = 0
Do While Worksheets(“Sheet1”).Cells(i + 8, “a”).Value <> “”
i = i + 1
Loop
‘Debug.Print i

‘コピー
Worksheets(“Sheet1”).Range(Cells(8, “a”), Cells(8 + i – 1, “g”)).Select
Selection.Copy
‘貼り付け
mITEM.Display
With oApp.ActiveInspector
.WordEditor.Windows(1).Selection.Paste
End With

End Sub